薄い色と濃い色

それぞれ2本ずつ作りました




向かって右側、私が衝撃を受けお手本とした「タツケ」

左側、私作モンペボトム、薄い色

















作ったうち1本は私が愛用しております

濃い方






最近のお気に入りは

これでもかとデニムシャツとの組み合わせ








+中折れハット





現在薄い色・濃い色

各1本ずつ残っております



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp




 


新築祝いのプレゼントにとオーダーいただきました









例えばインテリア雑貨の敷物に















またはランチョンマットとして









お洗濯して生地をなじませ

ラッピングをしてお届けしました








昨日ご紹介したレザーのポーチと。


今回は箱を使わず、文字通り『wrap』

紙でくるんでみました








Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp




 

プレゼントのご相談を頂きました


ご予算とその方のご趣味や雰囲気をお伺いし

レザーのポーチをご提案
























今回はシンプルに


通帳入れやこまごましたものをまとめておくのにちょうど良いサイズです



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp



 

 

小学校の卒業式を迎える男の子のブレザー







素材は海軍の船上用コートにも使われる

目の詰まった中厚の生地を使用



パリッとしすぎず

色合いも良い生地です

お色を選んで頂き、チャコールグレーで仕上げました


ボタンは小さくなった服から外した物を使用







丸襟がお気に入りとの事でしたので

細かいチェックの裏地が覗くよう

そしてシャツの襟とネクタイの結び目がちょうど出るように








卒業式だけではなく

普段も着られる1着です



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp
 

ご卒業おめでとうございます

中学校生活も楽しく実りあるものになりますように



 

ミヤマコ兄さんからお仕事を頂き

美容室のカーテンを作らせてもらいました




ミヤマコさんがいま内装を手掛けている美容室内の

部屋と部屋を仕切る窓にちょうど良いカーテンを。



ということで、現場へ向かい話し合いました








オーナーさんの意向、そしてマコさんのイメージをしっかりと受け

ドレープや丈、雰囲気を重視し作りました








流石ですと言うしかないミヤマコさんのセンス






















現在こちらの大きな窓用のカーテンの生地も

探しているところです






ミヤマコさんと一緒にお仕事をさせて頂き

得るものの多さ。

おこがましいと思いながらも追い付きたい気持ち。

たくさんの事を考えさせられます





こちらのお店

ご夫婦で経営されていて

旦那様が床屋さん、奥様が美容室。

ゆっくりと落ち着けるオシャレなお店です






弘前市松ヶ枝

和徳のローソンからトンネルを抜けると左側

さくらの方面からだと右側にあります









Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp


 

A5サイズのルーズリーフ用カバー








留め金は取り急ぎ市販のファイルに付いているシルバーの物を分解








背表紙に麻紐でぐるぐると縫い付けました































革製品に関しては

『作るために皮を剥ぐ』のではなく

『肉を食べたあとの残った皮を利用した』

ような雰囲気の物を作れるよう心掛けています。



実際の革事情はどうであれ、

命を頂く動物に感謝し最後まで使う民族や昔の人の気持ちで

作りたいなと思っています



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp



 


ヒロコレ2016 無事終了いたしました



今年はanccicaと古家具ミヤマコさんのコラボで

とてもいい雰囲気のブースでした








私はとても素敵なセットアップを着させてもらい

アクシデントなく無表情ウォーキング













娘と。





娘も私も色んな方とお会いできて

楽しいヒロコレの1日を過ごしてきました



今年もありがとうございました♡



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp

 



早いもので、またまたヒロコレの時期がやってまいりました












モデルを務めさせて頂く代官町のショップ

anccicaにて。




毎年若い子たちに囲まれウォーキングをするわけですが

年齢云々、その服の持つ雰囲気と生地の動きを伝えられるよう

尽力する所存です。





2/28(sun)

ヒロロ 4F 弘前市民文化交流館ホール

Show   ・11:00〜 ・15:00〜





当日は1dayショップも開催しております

お時間のある方はぜひお運び下さい


私の大好きなお店をもっともっとたくさんの方に

知って頂けたら嬉しいです♡



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp

facebook  www.facebook.com/qsmade

 

 





男性の方から

「なんか服作って下さい」

と、ざっくりしたオーダーを頂いておりました



こういったオーダーは時間がかかるので、

だいぶお待たせしてしまいましたが。


どうせならトータルで、そして自由にやらせてもらいました。








ずっと作ってみたかったMen'sモンペを軸に

その形が引き立つような短い丈の後ろ下がりのトップス

それと、この雰囲気をまとめる為

あえてデニムのパッチワークハット
















































帽子はレザーのベルトで多少の調節可です



こちらのモデルさんはすらっとしてますが

オーダーして下さった方は少しころっと(良い意味で)しているので

また違う雰囲気になるのではないかなと思います




Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp

facebook  www.facebook.com/qsmade

 



男性のお客様から、コートのオーダー。



こちらは身長187cmと長身の方












今まで付けていた手首内側のボアは外し

濃いブラウンの布のみで仕上げました



というのも、お客様は北陸の方なので

そんなに吹雪くこともなかろうと。



いつも着ているお洋服の雰囲気を画像で送って頂き

シンプルに仕上げました。











こちらも男性の方から。











袖はリブニットにしました









Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp