以前カーテンを作らせていただいたこちらのお店






弘前市松ヶ枝にある『ラグート』さんからのご依頼で

カウンター奥の小窓に









軽〜く織られた麻のカーテンを












窓を開けると少しの風でもひらひらと揺れるくらいの薄さです





お洒落なトイレ






Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp


 



真っ白なノーカラーシャツ。


合わせづらいとの事で








コーヒーで染めました






染まりやすくする為、先ずは牛乳を薄めた液によく浸します

濯がず絞って3日間乾燥。



その後大きな鍋で煮て、色素を沈着させやすくするため

ミョウバンをいれてよく混ぜます。




何回も濯いで天日干し










柔らかいコーヒー色に










袖が短い古着のジャケット。


がほがほする感じが格好悪いとの事で







以前袖を詰めた古着のコートの余りの生地を使い


繋ぎ合わせました







古着に新しい生地を合わせても浮いてしまい

何を合わせてもしっくり来ず。


ちょうど良い袖の切れ端があり、巡り合わせを感じました







リメイク2着





Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp



 


スマホデビューしたご両親の為に

と、農作業中腰に下げておくポーチのオーダーを頂きました



いつもオーダーして下さる可愛らしいお嬢さんからのご依頼。

ご家族の仲の良さがなんとも微笑ましく

幸せな気持ちに包まれながらの作業




お勧めの生地の中からお好きな物を選んで頂きました
























ご夫婦で同じデザインの物を身に付けられる。

とても素晴らしい事だと思います





お揃いにしよう!!とか

お揃いは恥ずかしい!!など

そんなことは長年連れ添って来られたご夫婦には関係のない事なんだろうな

と。

何だかしみじみ深々と色々な事を考えながら。



畑でふたり。私が作ったポーチがふたつ、

腰からぶら下がっている光景。




Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp


 



デニムメインで元気の良い感じと

チャコール系でまとめた落ち着いた感じで2組










リバーシブル








生まれたての赤ちゃんの頭はすぐに大きくなるので

少しでも長くかぶれるよう、3か月頃からのサイズでお作りしています

若干調節ができるように














ご出産おめでとうございます




Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp



 


新築祝いのプレゼントにとオーダーいただきました









例えばインテリア雑貨の敷物に















またはランチョンマットとして









お洗濯して生地をなじませ

ラッピングをしてお届けしました








昨日ご紹介したレザーのポーチと。


今回は箱を使わず、文字通り『wrap』

紙でくるんでみました








Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp




 

プレゼントのご相談を頂きました


ご予算とその方のご趣味や雰囲気をお伺いし

レザーのポーチをご提案
























今回はシンプルに


通帳入れやこまごましたものをまとめておくのにちょうど良いサイズです



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp



 

 

小学校の卒業式を迎える男の子のブレザー







素材は海軍の船上用コートにも使われる

目の詰まった中厚の生地を使用



パリッとしすぎず

色合いも良い生地です

お色を選んで頂き、チャコールグレーで仕上げました


ボタンは小さくなった服から外した物を使用







丸襟がお気に入りとの事でしたので

細かいチェックの裏地が覗くよう

そしてシャツの襟とネクタイの結び目がちょうど出るように








卒業式だけではなく

普段も着られる1着です



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp
 

ご卒業おめでとうございます

中学校生活も楽しく実りあるものになりますように



 

ミヤマコ兄さんからお仕事を頂き

美容室のカーテンを作らせてもらいました




ミヤマコさんがいま内装を手掛けている美容室内の

部屋と部屋を仕切る窓にちょうど良いカーテンを。



ということで、現場へ向かい話し合いました








オーナーさんの意向、そしてマコさんのイメージをしっかりと受け

ドレープや丈、雰囲気を重視し作りました








流石ですと言うしかないミヤマコさんのセンス






















現在こちらの大きな窓用のカーテンの生地も

探しているところです






ミヤマコさんと一緒にお仕事をさせて頂き

得るものの多さ。

おこがましいと思いながらも追い付きたい気持ち。

たくさんの事を考えさせられます





こちらのお店

ご夫婦で経営されていて

旦那様が床屋さん、奥様が美容室。

ゆっくりと落ち着けるオシャレなお店です






弘前市松ヶ枝

和徳のローソンからトンネルを抜けると左側

さくらの方面からだと右側にあります









Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp


 



男性のお客様から、コートのオーダー。



こちらは身長187cmと長身の方












今まで付けていた手首内側のボアは外し

濃いブラウンの布のみで仕上げました



というのも、お客様は北陸の方なので

そんなに吹雪くこともなかろうと。



いつも着ているお洋服の雰囲気を画像で送って頂き

シンプルに仕上げました。











こちらも男性の方から。











袖はリブニットにしました









Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp


 


革小物のオーダーが続きました。

その中から何点か。



キーケース









免許証入れ付き

革の端のボサボサした部分をそのまま使ったので

あえて床もコバ(裏面と切断面)も磨きませんでした





コインケース









男性の方でしたので、その方のイメージに合わせてワンポイントを。

こちらも端をそのまま使い、コバだけ磨きました







iPhoneケース









革の色指定があったので

丁度良い色が見つかるまで時間がかかりましたが

無事お届けできました



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp


今月はブログの更新をする余裕もなく

作りっぱなしでした。

作業時間がぐんと減ってしまい、まだペースをつかめずに

もたついておりました。

焦る気持ちはありますが

ひとつずつ進めて行きたいと思います!