豆、です。




久々に料理の事を。


うちのばぁさんが毎年植えている毛豆。

今年は毎日食べても余すくらい多く、最後の方は過ぎてしまい

虫食いもたくさん。

なので茹でた豆をむき、虫食いを除き、薄皮も取って使います



面倒ではありません。

むしろ、捨てずに美味しい料理を作る術を持っている自分を褒める

貴重な時間



1品目は

木綿豆腐と豆、あとはある物を混ぜて種にして

油揚げに詰めて甘辛い出汁で煮る、巾着煮


この日はひじき・干し椎茸・切干大根・蓮根を混ぜました








2品目は、すり鉢で荒く擂った豆に

菊・ミョウガを味噌で和えた、和え物






大量消費できる、ずんだ餅

ばぁさん家で採れたもち米を使い

中には栗の甘露煮が入ってます




この時期リンゴ畑が忙しくて、出来合いの物しか食べていない

親戚の一家に半分おすそ分け。


83歳になるばぁさんにさえ

「おめ、なんぼ婆くせもの作るば」

と言われます。

漬物もよく作ります

この季節は、鮭と大根の鮨...とか

室内で簡単にできる程度にですが。



春は山菜

夏は野菜と魚介類

秋は野菜と果物ときのこ


自慢できるほど難しい物は作りませんが、

季節ごとに大量に入ってくる食材を

みんなが飽きないよう色んな調理法で、

お金を掛けずに、かつ

栄養を吸収しやすいご飯を作る。

得意です



誰かのために何かを作るのが好きです。



健康診断で引っかかった方、私で良ければ

食事のアドバイス致します


栄養士ではないので、あくまで

モグリ

です


Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp

 

 


おとといは我が家(というか私の)一大イベント

お雛祭り

 

 


いつもは30分で終わらせてしまうご飯したくですが

ここぞとばかりに



ちゃんと出汁をとって

お吸い物・煮物・手毬寿司・甘酒

 

 


だいたい毎年同じメニューになってしまうので、具を変えて

手毬寿司は3種類

中の酢飯、地味に3種類とも違う味

 


 

 


娘のお祝いとかじゃなく、あくまでも自己満足



Q

✉  pchica-rule102@docomo.ne.jp

1